男のまんが道 第8回 不死身の男の運命~ちばてつや『紫電改のタカ』 荻原魚雷

 日本の敗色が濃厚になっていた昭和二十年四月、ちばてつやは満州奉天の鉄西小学校に入学する。が、空襲でほとんど学校には通えず、家にこもっていつも絵を描いていた。父が印刷工場に勤めていたので紙だけは困らなかったという。

「描くものは飛行機が多かった。というのはちょうどそのころ、父がどこかの飛行場へ連れて行ってくれて、ゼロ戦の実物を見せてくれたのである。 空を飛ぶ姿しか見たことのない飛行機を、目の辺りに見る感激は大きかった。ことに車輪が想像していたよりもはるかに大きかったので、声も出ないほど驚いた。ジェラルミンの胴体は初夏の日を浴びて、さわると温かかった」(『ちばてつや自伝 みんみん蝉の唄』スコラ/昭和五十六年七月発行)

 このときの感激が、後年ちばてつやに“戦記傑作”『紫電改のタカ』(講談社漫画文庫全四巻ほか)を描かせたのかどうかはわからない。本人としてはやや納得のいかない作品だったようだ。

 「紫電改」は、日本海軍の戦闘機である。当時の海軍の主力機は「ゼロ戦」が有名だが、「紫電改」は「紫電」という戦闘機の改良型。「ゼロ戦」より高速で機体も大きかった。
 ちなみに『機動戦士ガンダム』のカイ・シデンの名は「紫電改」からきている。アムロ・レイは「零戦」、リュウ・ホセイは「流星」(艦上攻撃機)、ハヤト・コバヤシは「隼」(はやぶさ=陸軍の名戦闘機)だろう。たぶん。

『紫電改のタカ』は、「少年マガジン」に昭和三十八年七月から昭和四十年一月まで連載された。

「‥‥この物語は昭和十九年夏 台湾南部にある高雄基地からはじまる」
「高雄基地 そこには名機紫電で編成された七〇一飛行隊があった」

 主人公の滝城太郎一飛曹は、「紫電」をさっそうとあやつり「逆タカ戦法」でアメリカの戦闘機を次々撃墜させる活躍をみせる。
 滝は向こう見ずでとても正義感が強い日本男児だ。理不尽なことをいう憲兵をなぐりとばし、ときには上官の命令にさからって単独行動することもある。
 かとおもえば、敵兵にかこまれ、絶体絶命の窮地になると、あっさり降伏し、いったん捕虜になって脱出をはかるといったかしこさも持ちあわせている。
 いかにも少年マンガの主人公らしいヒーローだ。

 でも一飛行兵が憲兵をなぐったり、上官にさからえば、ただではすまないことは容易に想像がつく。いつもおもうことだが、少年マンガのヒーローの「男らしさ」は、なかなか現実には通用しない。
 それを通用させるには現実ばなれした不死身さが必要となる。

 物語後半、滝は閉鎖した兵器工場で秘密の特訓をするシーンが出てくる。
 その特訓とは一分間に三百回転(!)する座席にすわって、機銃で的を射ぬくというもの。さらに崖からトロッコで猛スピードで疾走する特訓中、滝のことを好ましくおもっていないライバルにレールを外され岩に激突。トロッコは粉々にくだけちる。
 このくらいのことで命を落としていてはヒーローはつとまらない。
「信じられん‥‥あんなにめちゃめちゃにたたきつけられたのに‥‥」
「ふふふ おれがなんのために訓練してきたと思うんだ見くびらないでほしいな」

 この事故で深傷を負った滝は、気がつくと重爆撃機に乗せられ、いつの間にかケガが治り、突然「おりなさいっ 命令です」と空中から山中に突き落とされる。
 そこにはいきなり後ろから大きなマサカリを投げつけてくる(!!)謎の老人がいて、滝はさらなる修業をつむことになる。
 そんな様々な試練をのりこえ、滝はますますたくましく成長してゆく。滝のような操縦士があと百人くらいいれば、日本はアメリカに勝てたかもしれない。

 しかし戦争末期の日本は、操縦士の養成が間にあわず、世界水準から見ても優秀といわれたゼロ戦をはじめとする戦闘機は宝の持ち腐れ状態だった。日本の戦闘機は装甲が薄く、とても燃えやすかった。そのため熟練パイロットが次々と命を落とした。いかに高性能のマシンがあったとしても、若葉マークの運転手では話にならない。

 祖国防衛のために命がけで戦っていた滝も「いったいなんのためにこうして人間どうしが殺し合わなければならないんだ?」と悩みはじめ、苛烈な軍国主義批判を口にするようになる。
 やがて日本の必敗をさとった滝は、「そうだ!」「○○の○○になろう」と将来の夢を語る。

 ラストはとてもかなしい。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

------------------------------------
プロフィール
荻原魚雷(おぎはら・ぎょらい)
1969年三重生まれ。フリーライター。著書に『借家と古本』(スムース文庫)、
編著に『吉行淳之介エッセイ・コレクション』(ちくま文庫)がある。
今月から晶文社ワンダーランド(http://www.shobunsha.co.jp/)でエッセイの連載
をはじめました。
[PR]
# by sedoro | 2006-01-26 14:09 | 男のまんが道

早稲田の文人たち 第28回 まだ続くむだ話〈その4 〉  松本八郎

●《スムース文庫08》『加能作次郎 三冊の遺著』愈々刊行!               

本欄で、昨年の4月から6月にかけて採り上げた「加能作次郎」のなかで、《スムース文庫》の一冊として予告宣伝していた拙著『加能作次郎 三冊の遺著』が、このほどやっと発行された。
 「加能作次郎」という作家は、今日ではほとんどの人には馴染みのない名だと思われるが、それも道理で、彼の生前の単行本はすべて大正期に発行されたもので、昭和期に入ると、亡くなる年の昭和十六(1941)年まで、一冊の作品集も発行されることがなかった。
 没後すぐ、遺著あるいは追悼出版として、作品集が三冊刊行されるが、日米開戦の直前のことで、敗戦後はすっかり忘れ去られ、これらの本も今日では容易に手にすることができない(作次郎の出身地・石川県能登の地元では、戦後に二冊の作品集が刊行されている)。

 今回の『加能作次郎 三冊の遺著』の、そのサブタイトルに「その出版社・その出版人」とくっつけているが、それは、16年間もジャーナリズムに無視されつづけた作次郎に、最後の花道を歩ませようとした、作次郎の早大の後輩である谷崎精二、宇野浩二、広津和郎に加え、この三冊の作品集を刊行した「牧野書店の牧野武夫」「桜井書店の桜井均」「大理書房の田中末吉」について書いているからである。
 作次郎の経歴については、大正十(1921)年の大日本雄弁会発行『大正新立志篇』に紹介された「文士、加能作次郎君」を復刻・再録しているので、くわしくはそれをお読みいただきたい。
 《スムース文庫》は、 早稲田では古書現世、神田では書肆アクセス、京都では三月書房、その他で販売されているので(頒価=500円)、是非ご購読くださり、いろいろご教示くださって、ご意見をお聞かせください。

 そんな「加能作次郎」なので、私共の[EDI叢書]の一冊として『加能作次郎 三篇』を編んだのだが、そのキャッチフレーズに「忘れられた作家たち」と書いたら、[EDI叢書]が完結した今年に入って、某大学名誉教授から「彼らを『忘れられた作家』とは……。(略)原本とてすぐ入手出来るものを」と揶揄され、バッサリ斬られてしまった。
 まあ、専門が近代文学史で、その他いろいろ肩書きもあり、古書価10万円前後もする「加能作次郎の原本」を、屁とも思わず買える身分の人間にとっては、「知ってて当然」「読んでて当然」だろうけど、ともかく、この叢書の刊行の趣旨も読み取れない、この手の学者先生の世間知らずには、ホトホト困ったものだ。ハッキリ云って営業妨害である。

 作次郎の二百余篇ほどの作品を、彼の云う「きりりとした選集」にすることなど、【金さえあれば】、----なんでもかんでもブチ込んだ、ただブ厚いだけの、彼の著作以上に、いや、それよりも数倍もましな本を作るぐらい----それこそ屁でもない。
 そんな批判を偉そうに云うぐらいなら、自分のポケットマネーで「選集」でも作ってから、言って欲しい。スポンサー(版元)がいて、肩書きのお蔭で、全集や選集の監修料を貰っているだけの人間から、とやかく言われたくはない!
 私の場合は、本業で稼いだ僅かな金から、なお 四苦八苦の捻出をして、作っている!
 「第一、あなたは、自分の懐から金を出して、[EDI叢書]を買ってくれましたか?」
 しかしそれにしても、この御仁、研究者でもない素人(単なる文学フアン)相手にケンカを吹っかけるなんて、いったいどういう性格をしているんだろう?

 みなさんは、加能作次郎の名前を知っていましたか? 加能作次郎の作品を読んでいましたか? 加能作次郎の「原本とてすぐ入手出来」ましたか?

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
松本八郎(まつもと・はちろう)
1942年、大阪生まれ。早稲田在住40年。早稲田にて出版社EDIを主宰。忘れら
れた作家たちをこつこつと掘り起こす。「EDI叢書」「サンパン」などを発行
して話題に。「sumus」の同人でもある。
EDI ホームページ http://www.edi-net.com/
[PR]
# by sedoro | 2006-01-26 14:04 | 早稲田の文人たち

早稲田で読む・早稲田で飲む 第26回 早稲田にもあった貸本屋 南陀楼綾繁

 前回、早稲田にはマンガを扱う古本屋が少ない、と書いた。じゃあ、早大生がマンガを読まなかったといえば、そんなコトはないのです。1980 年代半ばのマンガ界は、『少年ジャンプ』を頂点とするメジャーと、『ガロ』を底辺とするマイナーが、両方とも元気で、毎月のように注目すべき新刊が出ていた。当然ながら、それらのすべてを買うコトはできない。「マンガ喫茶」は中央線などに数軒あったが、いまのように大規模なモノではなく、読みたいマンガが置いてある可能性は低い。図書館がマンガを置きだすのは、1990年代に入ってからのコトだ。

 そこでどうするかと云えば、友人に借りるか、貸本屋で借りるか、の二つしかなかった。入学してしばらくは、本やマンガの話のできる友人がいなかったので、ひたすら貸本屋に通った。ぼくが住んだ西荻窪には〈ネギシ読書会〉というチェーン系の貸本屋など数軒があり、銭湯の帰りに毎日のように寄ったものだ。当時つけていた出納帳には、「貸本入会金100円」「貸本80円」「貸本260円」「貸本180円」などの涙ぐましい数字が記録されている。

 早稲田にも、〈まんが市(いち)文化堂〉という貸本屋があった。場所は、南門通りのほぼ真ん中、〈メーヤウ〉というカレー屋が入っているビルの、外階段を上がった正面。奥に向かって、右半分が貸本コーナーで、左半分が古本だったと思う。貸本は、白土三平、水木しげる、松本零士、藤子不二雄、永島慎二らの大御所から、『ガロ』系マンガや少女マンガまで、中央線の貸本屋には置いてないタイプの本がよく揃っていた。『COM』などの古いマンガ雑誌も貸していたような気がする(マチガイかもしれないが)。ぼくはココで、諸星大二郎や杉浦日向子(先日お亡くなりになった)、泉昌之などを借りて読んだハズだ。

 きっと、店主も店員もかなりのマンガ好きだったのだろう。決して広い店ではなかったが、よく整理されているし、新刊もいち早く並べられていた。文学部の授業を終えて、本部キャンパスに移動する途中や、昼飯を食べてから、店に寄ると、ナニかしら読みたいマンガが見つかった。一年の秋にサークルに入ってからは、マンガのハナシのできる友人もでき、「その本なら、まんが市文化堂にあったよ」などと情報のやり取りをするようになった。当時はまだマンガが、映画や音楽と同じように、共通の「言語」であり得たのだった。ちなみに、早稲田から少し歩いた鶴巻町には、私設の〈現代マンガ図書館〉(http://www.naiki-collection.com/)があるが、敷居が高い気がして、一度しか行ったコトがない。

 卒業してからは早稲田に行く機会も減り、返却のことを考えると、〈まんが市文化堂〉で借りることもしにくくなった。この店は、1990 年代後半まではあったと思うが、末期は古本だけになっていたのではないか。閉店してから、この店のコトはすっかり忘れていたが、数年前、神保町にできた〈@ワンダー〉の店主は、〈まんが市文化堂〉をやっていたヒトだと聞いて、驚いた。〈@
ワンダー〉にはときどき行っているが、顔を憶えられないぼくには、誰があの頃早稲田にいたヒトなのか、見当も付かない。でも、いつか、ナニかのついでに、〈まんが市文化堂〉について訊いてみたいものだ。たとえば、どうしてこういう店名にしたのか(だって「マンガイチ」なんてヘンな名前でしょう)、とかね。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)
1967年、出雲市生。1986-90年、早稲田大学第一文学部に在学。現在、ライター・編集者。著書に『ナンダロウアヤシゲな日々』(無明舎出版)、編著に「チェコのマッチラベル」(ピエブックス)がある。

▼南陀楼さんのブログ日記はこちら!
ナンダロウアヤシゲな日々  http://d.hatena.ne.jp/kawasusu
[PR]
# by sedoro | 2006-01-26 14:01 | 早稲田で読む・早稲田で飲む

ぬいだ靴下はどこへ ~ハルミン・ダイアリー~ 浅生ハルミン

7月のある日 夏と肉食

 午後、小田急線某駅でSちゃんと待ち合わせ、F夫妻の家へバーベキューをしに行く。住宅街の奥まったところにそこだけ木に囲まれている古い二階建ての家。その庭で肉を焼いて食べる。あとでMさんも来る。
 Fさんの旦那さんが炭火をおこし、バーベキューセットの網の上に羊肉と牛肉と野菜をのせてゆき、焼けた肉を私らに取り分けてくれる。肉を配る男の人をみるとにわかに私は原始人に先祖がえりして、岩穴の中で今日の獲物を男原始人から分け与えられているようなような気持ちになって、子供の頃、登校前にテレビで毎朝観ていた『はじめ人間ギャートルズ』の影響力をいま
さらながらに思い知らせられるのだった。そんな夏の午後。足下には蚊取り線香。お腹がはちきれそうなくらい肉を食べた。幸せです。

 夏の暑い盛りに肉を食すのが私はとても好きです。沖縄の牧志公設市場の二階の食堂で食べた牛肉とたまねぎを炒めた料理は、んがんがと肉を噛み砕いて飲み込んだあと、炒めたたまねぎを口に入れるとしゃりしゃりとした野菜のうまみがひろがった。汗をかいてよれっとした身体にぐぐっと生きる力がよみがえる。肉はすばらしい。
 数年前の夏休み、知人の別荘でバーベキューをしたときのこと。まだ十分に焼けていなかった高級霜降り肉を再び網に戻し、そろそろ焼けるかなーとお皿を空けて待ち構えていると、他の人のお皿には肉が戻っていったのに、どういうわけか私の肉だけ戻ってこなかった。私の肉はどこ……?眼の前には空っぽのお皿。自分だけ舞踏会に連れていってもらえず掃除を命じられた灰かぶり姫のような気持ちに襲われ、泣いてしまった。私のお皿にだけ肉がのっていないのが本当に悲しかった。そのことを思い出すと、悲しさが今も完璧に、完全なまでによみがえってきてまた泣いてしまう。本当に何度でも泣ける。私の悲しみの回路は牛の胃みたいになっているのかもしれない。すみません。

 こんなことを書いていますが、私は子供の頃肉が大嫌いだった。お正月、松阪牛の本場にある祖母の家へ行くとすき焼き専用の卓とふつうじゃない鉄の鍋がふつうにあった。そこに松阪牛がふるまわれるのですが、肉を食べられない私はそれゆえ毎年祖母の家に行くのが恐ろしかった。食べたふりをして、舌の下に肉を隠し、ごちそうさまをしたあと自分の手さげ鞄の中にペペ
ッと吐き出して、ずいぶん長く保存したりしていた。吐き出した肉をどこに始末したらいいかわからなかったからです。どこに捨てても必ず見つかって叱られると思ったからです。この愚行は今も顔から火がでるくらいに恥ずかしい。
 肉のことで冷静さを失うのは大人の女としてはしたないですわ、と自分でも思うので、おいしそうな肉を目の前にしてもしれっとしている気持ちの強さを持ちたい、と来年は七夕の札に書こうと思います。


7月のある日 合羽橋でセドリ

 女四人で合羽橋。鍋釜を売る店を見てそぞろ歩く。店の中のものすべてに埃がかぶっていそうな陶磁器屋を見つけて入る。白いお手塩が1枚75円、70年代から売れ残っていそうなコーヒー皿が1枚50円、ダンスク風の大皿が3枚3千円!安い。このお皿が欲しい。しかし3枚もの大皿を買ってこれに何かのせるだろうか、と思うとのせない気がしてきたので買わなかった。
でもあきらめもつかないので、人目につかない下のほうに隠して店を出た。
 以前来たときにはなかったような輸入調理器具を売る店もできていた。ル・クルーゼの鍋、安い。うちにあるのは丸い16センチの白。オーバル型のふたまわり大きい鍋を買おうかなあ、と思ったけれどいつそんな大量の煮物をするのか、しないな、と思ってやめた。
 家に帰りつく。いつもの通り、朝出て来た時のまんまの部屋。いつか読もうと思って買った本が読まないまんま散らかっている。古本屋さんで思いのほか安い本を発見し、眼を輝かせて勢い良く買った時のことが思い出された。
 鍋は買わなくてよかったのだとふたたび思った。


7月のある日 道で本を拾えなかった私

 夜。スーパーの帰り道。高速道路の拡張で立ち退きになって人の住まない住宅街のごみ集積所に、ひさしぶりに本の束が捨ててあった。いちばん上にのっかっているのは黒い箱にオレンジ色の印に細いゴチックの白抜き文字、これは鹿島出版会のシリーズだわ。デザインの歴史とかって背の文字がある。この1冊があるということは一緒に縛られた本もそれなりの関連図書である可能性大。他の本の背を見ようと頭を傾けたとき、うしろから来た人がそばを通り過ぎていった。縛ったひもをゆるめて本を引っこ抜いている自分の姿はあの人から見たらどんなだろう、と想像してみたらいたたまれなくなって、すみやかに帰途についた。道に落ちている本を拾えなくなった自分が悲しい。ついに私はヤキがまわったのだろうか。


7月のある日 アメヤさんを救助だなんておこがましい?

ここからは長いひとり言だと思って読んでください。

 いま、六本木のギャラリー、P-houseで飴屋法水さんhttp://www.phouse-w
eb.com/main/archives/000009.htmlの個展が開催中。近日中に私も行かねば
と思っているのですが、すでに観に行った方たちの感想をインターネットで読んだ。
 アメヤさんは24日間の会期中、小さな空気穴しかあいてない真っ暗な箱の中に流動食と水を持ち込んでずーっと入ったまま出て来ない。外から箱をゴンゴンとノックすると、中からアメヤさんがノックを返し、それでアメヤさんが生きていると確認できる。行った人は「アメヤさんがノックを返してくれてよかった」ということを感想に書いていたりする。アメヤさんはこの5年間個展をしていなくてその間は「動物堂」というペットショップを営んでいた。外国から輸入されて箱に入って運ばれてくる動物みたいに、アメヤさんも箱の中でじーっとしているのだろうか。そのような動物は、アメヤさんのこの展覧会と関係があるのだろうか。私はまだその展覧会を見ていないの
に、アメヤさんのことが気になってしょうがない。

 行った人はみな口を揃えて「スゴイ!」と書いている。心配もしている。けれど展覧会の感想を書いてしまえるのはアメヤさんの箱がギャラリーにあるからで、これがもしどこかの家のガレージ等での出来事だったらすぐさま救助しないといけない一大事です。それを、美術という前提で行ったから、真っ暗な箱に入ったまんまの人を観に行ってまた帰って来れてしまうのだろ
うか。もしそうだとしたら人のものの見方というのはえらく几帳面なものだ。いくら美術といえども箱に入った人は生身の人間で、美術かそうでないか関係なしにお腹は減るし暗闇にずっといる気持ちって計り知れないし、もしかして衰弱しきってしまうかも。必ず箱から出て来られるとも限らないのです。そうしてその箱を目の前にした人は、観る前とその後ではあきらかに心情が
変わってしまうようなのです。それは自分が日常的に生きていることをどんなふうに思うのかということに関わっているような気がするのだけど…。

 アメヤさんは、展覧会の当日まで準備状況をインターネットの日記に書いていて、「あともう××日で当日」とか「前夜…」とか書いてあるのが、いま読み返してみるとその時間の迫る意味がずしーんと響きます。これを“オープニングまでの作業の締切り”だと思っていた私は自分がすごく俗物に思えて仕方ありませんでした。
………ここまで全部、展覧会を観に行く前の私の妄想です。事実が違うところがあると思います。展覧会を観たらもっとぐるぐる思わせられるだろうなあ。自分はこれこのように生きていられてありがとうって思うだろうか。それよりも生きててごめんなさいと思うような予感がする。それでも私は変わらず生活してゆくのだけれど……。もう!アメヤさんはいったいなんてことをするんですか!!でも生きててごめんなさいと思うのはいまのところ動物界ではヒトだけかもしれないし…。ギャラリーに行ったあとで、あまりの勘違いにこの文章がすごく恥ずかしいものになっているだろうなあと思いつつ書きました。まとまりのない文章で大変失礼いたしました。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
浅生ハルミン(あさお・はるみん)
イラストレーター。『彷書月刊』にて「ハルミン&ナリコの読書クラブ」を連載中。著書に『私は猫ストーカー』(洋泉社)がある。
浅生ハルミンのブログ 「『私は猫ストーカー』passage」公開中!
http://kikitodd.exblog.jp/
[PR]
# by sedoro | 2006-01-25 14:00 | ぬいだ靴下はどこへ 

チンキタ本バカ道中記 第2回 チンキタが歩くザ・大阪  前田和彦・北村知之

知っている人も多いだろうが、一般的に、大阪の繁華街には大きく二つの
エリアに分類されている。そう、いわゆる「ミナミ」と「キタ」というやつ
だ。「ミナミ」は現在の我々が「関西人」と聞いて、真っ先に思い浮かべる
泥臭いイメージの集積地のような場所。吉本興業、たこやき、身も蓋もない
実用主義、「他にくらべりゃ外国同然」等々。対して「キタ」は、中央公会堂、
阪急文化、モダニズムといった「都市文化」に代表されるような、洗練された
イメージを幻視したくなるような場所。つまり、全くの正反対。今も言った
ように、「大阪」の活気があってにぎやかなイメージを担っているのは、
「ミナミ」である。しかし、本好きにとって重要なのはどちらか。異論がある
人もいると思うけれど、それは「キタ」だと思う。古本では、かっぱ横丁、
天神橋筋商店街、梅田第三ビルの地下街、OMMビルで開かれる年に一度の
大古書市、新刊書店では大阪一の広さと品揃えを誇るジュンク堂梅田本店
(本好きには「編集工房ノア」のコーナーも有名)、そして写真集や美術書、
個性的なミニコミが揃うギャラリー・calo。では「キタ」の安定した「本エリ
ア」振りと比べて、「ミナミ」はどうかというと‥‥あまり言いたくないけれ
ど、はっきりいって散漫な印象を拭い得ない(笑いの殿堂・NGKの向かいにある、
ジュンク堂なんば店の「大阪コーナー」は、貫禄があって凄く良いが)。
けれど、アメリカ村、堀江、船場など、どちらかと言えば若者の街「ミナミ」
に、ここ数年、伝統的な「キタ」とは違う色を持った古本屋が根付きはじめている。

■前田 僕にとって「ミナミ」は、家から電車に揺られること数分、あるいは
自転車でも楽勝で行ける場所なんだけど、北村さんは今日「ミナミ」を歩いて
みてどうでしたか?

▲北村 まず、「キタ」とは、人の顔からして、ぜんぜん違う。ほんと、青木
雄二の漫画みたいな人が、普通に歩いているから。建物も、どれも、建て増し
建て増しで、雑多で、無国籍な感じの街並みになっている。でも、そういうビル
の片隅に、服屋、レコード屋、雑貨屋、カフェと、個性的で良い店が揃っている
のが、すごく面白い。

■前田 今日はチンキタ的に「今のミナミ」を代表する古本屋に二軒行ったわけ
ですけど、一軒目はもう凄く名前が通ってる店で。

▲北村 ベルリンブックス(http://www013.upp.so-net.ne.jp/BerlinBooks/)な。

■前田 そう。小奇麗でクラシックな「農林会館」ってビルの一室。他には服屋
とかミリタリーショップ、雑貨屋、敷居の高そうな美容室が入ってます。ベルリ
ンブックスは関西では情報誌を中心にたくさん紹介されていて有名ですよね。
総合的にみて、今、関西で一番良い雑誌「エルマガジン」の表紙も飾りました
し。けど、なんていうのかな、未だに「オシャレ古本屋」みたいな感じで紹介
されてるけど、もはや古本屋として定着してますよね。

▲北村 今日は土曜日やったからかも知れんけど、狭い店の中が若者でいっぱい
やったな。

■前田 ゆっくり見れなかった程ね(笑)。疲れていつもより早く出ちゃいましたよ。

▲北村 そんなこと言いつつ、お前は面白そうな本買ってたやんか!しかも100円で!!

■前田 そんなデカイ声出さなくても。『秘宝館の女 都築響一 VS. 唐沢俊一』
(トランスギャラリー)と唐沢俊一『ジャック・チックの妖しい世界』(東京文化
研究所)。どっちもミニコミっていうかパンフレットっていうか、そんなに古い
ものじゃないからこそあんまり見つからないタイプの本ですね。

▲北村 どっちも唐沢俊一が関係してるな。

■前田 同じ持ち主が売ったんでしょうね。一冊目は個人的には「持ってるだけ
で満足」系の本でした、あと、二人の対談がないのがもったいない。二冊目は
キリスト教原理主義の主張を全面展開したマンガを描いてる、ジャック・チック
というカルト作家をおもしろおかしく(時には現在の日本の状況や国際政治を
語りつつ)紹介した本。これはおもしろかった!唐沢俊一は「トリビア」関係の
こととか「おたく論」とか「と学会」とかの仕事はどうでもいいから、「変な洋
モノ」の紹介をもっとやってほしいと痛感しました。アート・アニメとかをこの
人がちゃんと語ったら絶対面白いですよ。北村さんも何か買ってましたよね。

▲北村 常盤新平編・訳「ニューヨーカー・ノンフィクション」(新書館)を
500円で。常盤新平の本は、無条件に買うことにしてるけど、この本は、毎年、
同じ表紙で出されるニューヨーカーの創刊記念号を並べた装丁がかわいくて、
それだけで買い。ベルリンブックスは、100円、200円の本は、まず無いけど、
良い本が、良い状態で、適正価格で揃っているな。

■前田 あれ、一冊だけでしたっけ? そっか、北村さんがいっぱい買ってた
のは、次に行った一色文庫だ。

▲北村 小林信彦「回想の江戸川乱歩」(文春文庫)。あと、均一台から、山口
瞳・赤木駿介「日本競馬論序説」(新潮文庫)、横田順弥「明治不可思議堂」
(ちくま文庫)、中島らも「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」(PHP研究所)を
拾いました。なんと言っても、「回想の江戸川乱歩」が嬉しい。やっぱり、
この表紙が良いよ。光文社版を買わずに、探した甲斐があった。あと、「僕に
踏まれた町と僕が踏まれた町」は、神戸に住む者としては、外せない本。

■前田 バイトの帰り道にたまたま見つけた店なんですけど、僕、一色文庫は
凄く好きなんですよ。まず、ロケーションが最高。日本橋にある国立文楽劇場
の裏道に入っていくと、軒の低い家々から伸び出た乱雑な電線郡に空が覆われ
てて、橋を渡ると、「イイ顔」の赤ら顔オヤジ、着物をきたおばちゃん、濃い
化粧のヤンキー系お姉ちゃんといったトラッドな水商売系の人たちが行き来し
てる。もちろん多言語が飛び交ってます。たぶん織田作之助が描いた大阪の
空気はこんな感じじゃなかったのかな、とさえ思ったり。繁華街にあるのに、
寂れてるわけじゃなく妙に静かで、それが生活感を醸し出してる。

▲北村 けどそんな場所にも関わらず、一色文庫自体の見た目とか内装は凄く
洒落てたよな。空間を広く使えるような大きさの本棚とか、長時間本を見ても
疲れないようにレイアウトされてると思う。椅子まであったしね(笑)。だか
らと言って品揃えは大したことないっていうとそんなことは全然なくて、どう
いうお客さんが来るのかよくわかってる感じはしたな。

■前田 ベルリンブックスもそうですけど、値段とか本の状態がブックオフ
とかの新古書店以降っていう感じは凄くしますね。無茶苦茶珍しい本がある
わけじゃないけど、読みたいと思う本はあって、値段も割と安い、っていう。
100円・300円コーナーを除くと、ブックオフってだいたい定価の半額で本を
売ってますよね。そういうところが似てる。違うところは本の種類が雑多
じゃなくちゃんと傾向がある。服屋でいうと、ブックオフがフリーマーケット
でベルリンブックスは面白い古着屋って感じ。

▲北村 そうやな。一色文庫は、文芸、美術、建築、写真、旅行など、棚を、
きっちりジャンル分けしてあるし、値付けは、ほぼ、定価の半額。中でも、
文芸書は、作家名あいうえお順に並べてある。これは、すごい新古書店的で、
面白みが無いようにも思えるけど、見やすいさ、買いやすさで言えば、やっぱ
り、従来の古本屋よりも優れてる。

■前田 あと、カジュアルでお洒落にレイアウトされた空間の古本屋っていう
意味では、大阪ではベルリンブックスやちょちょぼっこ以降ですね。さっきも
言いましたけど「オシャレスポット」として一時的に消費されるんじゃなく、
ああいうスタイルが根付いて来てるって側面も絶対あると思いますよ。「服屋
みてレコード屋でいろいろ試聴してコーヒー飲んで帰る」みたいな、若者の街
散歩コースにいよいよ古本屋も入ってきたのかもしれないですね。

▲北村 だから、本として、珍しいとか珍しくないとか、高いとか安いとかは、
あまり、関係が無いのかも。ベルリンブックスがセレクトした古本を買うとい
う行為に意味がある。

■前田 だからこそ、新古書店的な値段、価値基準が必要なんだろうし。信じ
られないけど、一般的に若者はいわゆる「古本屋」にはいろんな意味で敷居が
高いくて入りにくいですよ、彼らにとって感覚的に馴染みのある古本屋って、
そりゃブックオフでしょう。

▲北村 本好き、古本好きにとって、ブックオフは、あまり肯定的には語られ
ないけど、ブックオフが、古本を再び身近なものにしたことも確か。そういう
意味でもベルリンブックスや一色文庫で知ったような作家やジャンルのセンス
を、もう一回、ブックオフに持ち帰って、それで古本道に迷い込むケースも、
これからは出てくると思う。

■前田 僕はそうなったら本当に面白いと思ってます。なんだかんだ言って
「ミナミ」は若者の街だから、「キタ」の安定感とは違う、そういう新世代の
本好きも育つ、独自の本エリアを形成していってほしいですね。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
前田和彦(まえだ・かずひこ)
1981年大阪生まれ。『BOOKISH』編集委員を経て求職中。
小さくてすぐ興奮する様から犬の「狆(ちん)」を連想させるために
「大阪の狆」の異名を持つ(南陀楼綾繁氏命名)。
狆についてはこちら。http://www.dogfan.jp/zukan/japanese/chin/

北村知之(きたむら・ともゆき)
1980年神戸生まれ、神戸在住、絶賛求職中の25歳、ダラダラとアルバイト
しながら本を読む日々、ハローワークと古本屋通いが日課。好きな作家は
山口瞳、野呂邦暢、藤沢周平。
ブログ日記「エエジャナイカ」http://d.hatena.ne.jp/akaheru/
[PR]
# by sedoro | 2006-01-25 13:54 | チンキタ本バカ道中記

古本バイト道 ーこんなアタシに誰がしたー 第20回 古文書の幸せ 濱野奈美子

 前回の「古本バイト道」が掲載されたメルマガが配信された頃、私は古書会館におりました。もちろんまたバイトです。でもですね、長年古書業界でバイト してきましたが、今回のバイトは今までやったことのない仕事だったんです。妙に新鮮だったので、今回はそのお話です。

 7月の8、9日は明治古典会の七夕古書大入札会の下見会、10日は入札会でした。今までいろんな「会」の大市のお手伝いをしてきましたが、なぜか明治 古典会だけはやったことがなかったんです。いや、目録を作るのを手伝ったりしたことはあるんですけど、当日行ったことはありませんでした。下見会に客 (もちろん素見)として行ったことはありますが。
 明治古典会の七夕の下見に行かれたことのある読者の方はいらっしゃるでしょうか? これはいつもの展覧会とはぜんぜん雰囲気が違いますよ。まず、ク ロークにいらっしゃる人の服装が違います。白いブラウスと黒いタイトスカートで、「いらっしゃいませ」と優雅に迎えてくださる。明治古典会の会員さんや 経営員もみんなスーツ着ちゃってます。以前、東京古典会の大市に私がゆるーい服装で出かけて行って怒られた話を書いたことがありましたが、明治古典会や東京古典会の大市っていうのは、そういう“ハレ”な感じなんです。展示品もみんな高価そうだし(今年の目玉は「五箇条の御誓文起草稿巻」でした)。

 さて、そんな華々しい七夕市で私はどこにいたかというと、地下です。地下? いつもの展覧会と一緒じゃん。ノンノン。一緒じゃないんですよ。だって、 私はここで3日間ひたすらお茶をくんでいたのですから。ウェイトレスですよ、メイドの格好をして・・・・・今、怖い想像しちゃいましたか?
 まぁね、秋葉原も近いことですし、メイドドレスを調達してくるぐらいワケないんでしょうけど、そこまで体張ったネタができるほど笑いに命かけてないんで、メイドはウソです、もちろん。
 でも、お茶くみは本当です。下見会の間、地下がどうなっていたのかというと、商談室兼休憩室だったのでした。下見会っていうのは一般のお客さんも見に 来られるわけです、見に来て、「あ、あれ欲しい」と思っても、お客さんは直接入札することはできません。入札は本屋さんしかできないんです。ですから、 お客さんは馴染みの本屋さん、もしくはその辺にいる本屋さんを捕まえて、入札価格の相談をするわけです。そのための場が地下に設けられていたのでした。 私はそこでお客様にお茶をお出しする係です。

 そうはいってもですね、そんなたいしたモノは出ては来ないんですよ。カウンターにペットボトル並べて置いて、そっから紙コップに注ぐだけなので。ウーロン茶「煌」、午後の紅茶ミルクティー、ドトールのアイスコーヒー(無糖)、バヤリースオレンジ、DAKARA、南アルプスの天然水…などなど、ドリンクの種類だけは異常に豊富でしたし、氷も一応入りますけど。あと、ホットコーヒーはユニマットの豆を使ってミネラルウォーターで入れていたので、入れたてはなかなかおいしかったです。ホットコーヒーばっかりがヘンに出ていたのは、コーヒーがおいしかったからなのか、館内の冷房が利きすぎてたのか、今と なっては確かめようがありませんが。
 そんな商談室でした。でも、地下って意外と音が響くので、密談には向かないような気が…とちょっとドキドキしてみたり。

 10日の入札会の最終開札は地下で行われました。この日も私は開札を待つ本屋さんたちのためにせっせとお茶くみ。お昼にステーキ弁当を食べて、最終開札が終わってからサンドイッチをつまんで、ついに一度も「五箇条の御誓文起草稿巻」を見ることもなく、私の3日間は終わったのでした。その「五箇条の御誓文起草稿巻」ですが、なんかとんでもない値段で落札されていた気が…。同じ古書会館内とはいえ、私と「五箇条の御誓文起草稿巻」とでは、まったく別の濃さの3日間を過ごしていたのでしょう。福井県立図書館で幸せになってもらいたいものです。と、そんな古文書の幸せ願うくらいなら、自分の明日の生活をなんとかしろっ! 
なんてセルフつっこみを入れる今日この頃です。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
濱野奈美子(はまの・なみこ)
フリーライター。長い古本バイト経験を生かして『アミューズ』の古本特集や
『古本 神田神保町ガイド』(共に毎日新聞社)などで活躍する。本業のライ
ターでは古本だけではなく、サッカー、食べ物なども。なんでも来い。
[PR]
# by sedoro | 2006-01-25 13:31 | 古本バイト道

男のまんが道 第7回 なつかしき「良か男」たち~長谷川法世『博多っ子純情』 荻原魚雷

「一人前になるということを、例えば会社に行ったり、ネクタイをしめたりという単位で持つ人もいると思うけど、博多の人間というのは、やはり山笠を舁いて一人前になるという意識があるんです」(どんたく恋し/長谷川法世『博多っ子事情』集英社文庫)

 長谷川法世の『博多っ子純情』(全三十四巻・双葉社)は、祭り漫画の、いや青春漫画の最高傑作である。ちなみに中央公論社から出ている愛蔵版は第一期のみ(続刊は出ていないので、あまりおすすめしない)。現在、西日本新聞社が復刻版を刊行中、こちらは最終刊までちゃんと出る予定だという。
 この作品の主人公は郷六平。連載当初は十四歳。猛スピードの山車についてゆけず、ふりきられてしまう。

「七五〇キロ
 六人の台上がりを乗せて約一トンの
 山笠が
 男達の意地と
 度胸で走りよります」

 「オッショイ!!」という掛け声と共に命がけで疾走する男たち。父と子も力をふりしぼって走る。

 翌年の山笠では、父(博多人形師)の背中を見ながら走っていた六平が、いつしか「道端にぺったァとのびてしもうた父ちゃんば横目にして走り続けたとでした」というまでに成長する。
 このとき六平、十五歳。祭りを通して、子どもが父に追いつき、追いこしてゆく。山笠という祭りは、世代交代を目に見える形で知らしめる。
 でもそうはいってもまだ六平は思春期の子どもだ。頭の中は「コペルニクス的転回」(コペ転=初体験)のことでいっぱいで、祭りと祭りのあいだの季節には、恋や性欲や友情や進路に悩みつづける。アニキのように慕っていた穴見さんが事故死、その穴見さんと駆け落ちした隣の姉ちゃんに恋心を抱く六平。その六平のことが好きな小柳類子。阿佐道夫、黒木真澄といった親友たち……。
 登場人物それぞれの日常のドラマが重なりあって、物語はすすんでゆく。

 高校生になった六平。祭りの季節になると、「くそ~山笠ン時に勉強させてから」と早弁し、悪友たちと学校を抜け出す。隣の姉ちゃんが死んだ穴見とのあいだに生まれた子どもを連れてきて、その子を「山笠の台にちょっと上げて貰えない?」と六平に頼む。姉ちゃんはすでに再婚していて、現在の夫もそばにいる。
 その夫は穴見さんのことを「聞きゃ聞くほどけば良か男ですき こいつが大きゅうなったら本当の事ばちゃんと教えます」という。
 それを聞いた六平、「この人も良か男たい」と心の中でつぶやく。
 悲しみが、祭りによって癒されてゆく。

 山笠は男の祭りである。「女性蔑視ね」と批判する同じクラスの優等生野枝由宇穂にたいし、「山笠は女が見よるけん 男が夢中で頑張るとたい」
「女がかげにまわって加勢するけん走るとたい!」と六平は反論--。

 また他校の生徒に山笠のふんどしを「野蛮」で「アナクロ」だと批判されたときも、「ばかたれが! 教会に祭っちゃるキリストはあれはふんどしば腰に巻いとるやないか!」「アナクロ アナクロていうてからのもんばやるとがおかしかごというとるが ならお前が学校でしよる勉強はなんか!? 昔からのもんやなかとか!?」と六平節がさくれつ。

 そして「相撲しよう!! 喧嘩のかわりたい!!」と勝負をいどむ。
 このときの六平の啖呵がすごい。
「男がなんかもの言うとァ体ば張るもんぜ」「福岡部出身の来島恒喜も体ば張った! 中野正剛も体ば張った! お前はどうや!?」

 作者の長谷川法世は、理屈を超越したものとして山笠を描く。
 ひとりひとりの輪郭は消え、祭りの中に溶け込んでゆく。祭りそのものがひとつの生命体であるかのようだ。

 祭りときくだけで血がさわぐ男がいる。そして男には、集団、あるいは統制された中で発する美があり、その美しい群れには理屈で否定できない強さがある。人の心のどこかにそういうものを肯定したいとする気持が眠っているのかもしれない。祭りの陶酔感は抗いがたい。だから祭りを批判する言葉は「しぇからしかー」(うるさい)の一言で粉々になってしまう。
 宗教より、もっと古くからあるような感情に、たかだか二、三年くらいひとりの人間がかんがた言葉は通用しない。でもその一方、むしろ郷六平のような「良か男」は絶滅の危機にある。男と女の関係はかわってゆく。
 そんなことをかんがえていたら、祭りのあとのような寂しい気持になった。
 なんど読んでも深い漫画だなあとおもう。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

------------------------------------
プロフィール
荻原魚雷(おぎはら・ぎょらい)
1969年三重生まれ。フリーライター。著書に『借家と古本』(スムース文庫)、
編著に『吉行淳之介エッセイ・コレクション』(ちくま文庫)がある。
今月から晶文社ワンダーランド(http://www.shobunsha.co.jp/)でエッセイの連載
をはじめました。
[PR]
# by sedoro | 2006-01-25 13:27 | 男のまんが道

早稲田の文人たち 第27回  まだ続くむだ話〈その3〉  松本八郎

●『早稲田文学』に寄稿した意外な人たち(2) 話を戻して、島崎藤村/田山花袋  

 坪内逍遥によって創刊された『早稲田文学』は、明治24(1891)年10月から同31(98)年10月まで156冊発行された(最後の1年のみが月刊で、それまで月2回の発行であった)。48号までは東京専門学校が発行所で、以降は逍遥個人の早稲田文学社が発行元となる。これを「第一次」という(今回のフリーペーパーは、第何次か知らない)。
 「第二次」『早稲田文学』は、オックスフォード、ベルリン両大学に留学して帰国した島村抱月(1871-1918)によって、明治39(1906)年1月に復刊される。当初は金尾文淵堂、後に東京堂が発行所を引き受けているが、昭和2(1927)年12月に休刊するまでの21年間に、263冊発行された。

 この「第二次」の復刊と時おなじくして、博文館から田山花袋を編集発行人とする『文章世界』が創刊される(1906年3月)。当初は実用文の指南雑誌であったが、創刊の翌年から、編集助手(のちに編輯主任)の前田晁(1879-1961、1904年英文科卒)、同館『太陽』編集者(のちに同館編輯局長)の長谷川天渓(1876-1940、1897年文学科卒)、窪田空穂(1877-1967、1904年文学科卒)らを選者とする文芸投稿雑誌となり、一方で花袋の主張する自然主義文学の牙城となっていった。

 またこの年、島崎藤村の自費出版「緑蔭叢書」第一作『破戒』が刊行される(1906年3月)。この作品は、『早稲田文学』誌上で逸早く採り上げられ、ヨーロッパの文芸思潮に通じた島村抱月によって、わが国独自の自然主義的文芸としての評価を受ける。
 自然主義文学の発端作品の、もう一つの代表作、田山花袋の『蒲団』は、翌年9月に発表されるが、この作品も『早稲田文学』の誌上合評会で高い評価を受ける。──しかし、この『蒲団』を積極的に掲載した『新小説』の編集長・後藤宙外(1866-1938、1894年文学科卒。抱月と同窓)は、自然主義が全盛になると、反自然主義の急先鋒となり、笹川臨風らと「文芸革新会」まで組織して、この文学運動を徹底糾弾しはじめる。

 そうしたこともあって「第二次」『早稲田文学』は、自然主義文学運動の拠点ともなり、藤村、花袋も『早稲田文学』に寄稿するところとなる。
 ──もっともこの「第二次」は、何も自然主義作家ばかりではなく、門戸を広く開放して、「意外な寄稿者」永井荷風や夏目漱石なども寄稿しているのだが……。

 このころの自然主義文学運動に関しては、自身も自然主義作家と見做された正宗白鳥(1879-1962、文学科、史学科、英語科に学ぶ)の、『自然主義文学盛衰史』(1948・六興出版部〈この元版は『自然主義盛衰史』という書名〉、1951・創元文庫、1954・角川文庫、2002・講談社文芸文庫)は、数ある自然主義文学に関する本のなかで、ピカイチのお勧め本。
──まあ、皆さんとっくにご存知でしょうが。

 ご存じない方は、ぜひ早稲田古本村の各店舗でお探しいただき、お読みいただきたい。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
松本八郎(まつもと・はちろう)
1942年、大阪生まれ。早稲田在住40年。早稲田にて出版社EDIを主宰。忘れら
れた作家たちをこつこつと掘り起こす。「EDI叢書」「サンパン」などを発行
して話題に。「sumus」の同人でもある。
EDI ホームページ http://www.edi-net.com/
[PR]
# by sedoro | 2006-01-25 13:17 | 早稲田の文人たち

早稲田で読む・早稲田で飲む 第25回 変わっていく早稲田 南陀楼綾繁

 ほかの街に較べると、そのスピードは比較的ゆるやかであるとはいえ、古本屋が並ぶ早稲田通りの辺りも、時代の風を受けて変化している。それがイイとか、悪いとか云う権利は、地元の人間でないぼくには、ない。ただ、これまであったモノが無くなってしまうコトへの寂寞とした気持ちだけがある。

 先日も、なじみ深い風景の消失に立ち会うことになった。この連載の
第一回目(http://www.w-furuhon.net/wswblog/000068.html)で触れた〈戸塚苑〉だ。〈浅川書店〉の隣にある喫茶店だった。営業じたいはもうずっと前にヤメているのだが、借り手がつかないらしく、看板だけが残っていた。

この店について書いたとき、ぼくは次のように書いた。「いつの間にか閉まっていた店だから、いつの間にか再開していてもおかしくない。ちょっと期待して、いまでも早稲田に来ると、〈戸塚苑〉の看板を横目で眺めている」。そう書きながら、でもいつかは消えるんだろうな…… と覚悟していた。あの看板が見られなくなるのは寂しい。

〈戸塚苑〉の建物に新しくできたのは、ラーメン屋。しかも、いちばんキライなタイプの、いまどき流行りの「気合入ってます! スープも麺もこだわります! 作務衣着てます・バンダナ巻いてます!」系の店だ。どんな店にしようとオーナーの勝手だが、通りから店内を覗いて、なんだか
〈戸塚苑〉の想い出を汚されたような気分になった。新しく入ったのがもしも古本屋だったら、諸手を挙げて賛同し、ついでにその手を挙げたまま店内に入っていくのだけど……。

古本屋といえば、〈二朗書房〉の近くに、新しい古本屋ができていた。といっても、コレは、もともと早稲田にある〈飯島書店〉だ。明治通り寄りの場所で、1970年から営業しているが、今度、移転したのである。

飯島書店は、早稲田の古本屋には珍しく、実用本やコミック、エロ雑誌を扱う「軟派」な店だ。店の造りも変わっていて、入口は左側にあり、右側は均一本を置いて、出入りできないようにしている。右手奥にエロ雑誌コーナーがあるためだ。この辺りには、ニキビ面の早大生やサラリーマンが、なんとなく申し訳なさそうな表情で、ウロウロしている。ヒトゴトみたいに書いてますが、はい、ぼくも何度かココでエロ本を買いました。また最近のハナシだが、イラストレーターであるウチのヨメがスポーツ紙のエロイラストを描くための資料として、ココから何冊か購入している。夫婦でお世話になってます。

もちろん、買ったのはエロ雑誌だけではない。正直云って、品揃えは雑然としているが、その分、意外な掘り出し物があった。岩波書店の歴史講座や文学講座、作品社の「日本の名随筆」などのバラや、新刊割引(ゾッキ)の本を、安く買った記憶がある。ただ、大学を出て、たまにしか早稲田に来ないようになると、ほかの店を回るのが忙しく、〈飯島書店〉はスルーすることが多くなった。

移転した今度の店は広いし、本が見やすくてなかなかイイ。文学から文庫、コミックまで、いろいろ取り揃えてます、というとっつき易さがある。ちゃんとエロコーナーもある。今度は左側だけど。開店のご祝儀のツモリで、洋泉社のムック「映画秘宝」の『映画懐かし地獄70’S』と『GOGO! バカ大将』を買う。各600円。ウチに帰って、ハタと気づいたら、前者はとっくに買って、読み終えているのであった(気づけよ)。

店を出て、明治通りの方に歩くと、あれ? 元の場所にも〈飯島書店〉があるじゃないか。一瞬、デジャブに襲われた。新しい店で営業しつつ、以前の店を畳む準備をしているのだろう。今度来たときには、この建物は別の何かに変わっているかもしれない。そう考えると、なんだか惜しくなって、わずかな間だが、この景色を目に焼き付けておいた。

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)
1967年、出雲市生。1986-90年、早稲田大学第一文学部に在学。現在、ライター・編集者。著書に『ナンダロウアヤシゲな日々』(無明舎出版)、編著に「チェコのマッチラベル」(ピエブックス)がある。

▼南陀楼さんのブログ日記はこちら!
ナンダロウアヤシゲな日々  http://d.hatena.ne.jp/kawasusu
[PR]
# by sedoro | 2006-01-25 13:13 | 早稲田で読む・早稲田で飲む

チンキタ本バカ道中記 ~チンさん・キタさん本好き対談~第1回 旅のはじまり 前田和彦・北村知之 

■前田 前田和彦です。えーっと、このメルマガを編集しいてる、早稲田の古書店「古書現世」若頭の向井アニキの指令によりまして、「チンの遠吠え」がリニューアルして帰ってきました。見ての通り、今回からは対談形式です。関西本バカ界の若手砲弾、いや放談をお送りしやす。しかも初回ということで拡大版なのだっ!文句あっか!!というわけで、まずは相方の紹介から。

▼北村 はじめまして。北村知之です。ええと、インターネットで、「エエジャナイカ」(http://d.hatena.ne.jp/akaheru/)という日記を書いていまして、いわゆる書物ブログの末席を汚させてもらっているという感じなのですが、それを同じはてなダイアリーで日記を公開されている向井さんが読んで下さって。そして、向井さんが、前田くんと俺が友達だということを面白がって下さり、この対談に繋がった、と。

■前田 北村さんとは、実は関西大学のボンクラ学生時代にやっていた部活での、先輩・後輩の間柄なんですよ。この間、大阪のbook&café caloというお店で開かれた、画家の林哲夫さん(http://www.geocities.jp/sumus_co/)の個展で、偶然にも再会して。しかも、その日は初日だったので、林さん率いるハイ・クオリティーな新世代書物雑誌『sumus』の盟友の御二人、本バカの聖典『関西古本赤貧道』の著者・山本”ゴッドハンド“善行さん
(http://www.geocities.jp/sumus_livres/yamamotonikki2.htm)と、僧侶・敏腕ブックハンター・詩人という三つの顔を持つ才人、扉野”ブッダハンド“良人さんも集結して、「蘊蓄斎ナイト」っていうカルピスの原液みたいな、「濃い」古本トークイベントでバッタリと!!いやあ、観客も「いかにも」な古本猛者風な男の人が多くて、どう見ても僕ら「小僧」でしたよね(笑)。

▼北村 もう、ほんまに。俺なんか、ただ、憧れと好奇心だけで、行ったようなもんやからね。場違いなんじゃないかと、隅っこで小さくなっていたところに、前田が声をかけてくれたわけです。あの時ほど、前田が大きく見えたことはないよ(笑)。「蘊蓄斎ナイト」は、林さん、山本さん、扉野
さんは、もちろん、観客もみんな、大の大人が集まって、めちゃめちゃ楽しそうなんが、印象的やったね。最近の収穫本ということで、中原中也の詩集や、森山大道の写真集を、手に取って、見せてもらえたのは、嬉しかったなあ。しかし、さすがに濃すぎて、帰りは、もうフラフラやったわ(笑)。

■前田 どうせ僕は小さいですよ(怒)。まあ、さっきも言った通り、僕や北村さんは映画研究部っていう文系部活動のど真ん中みたいな場所で大学生活やってたわけですけど、そもそも、あの文系サークルの雑居ビル自体がちょっと変な場所でしたよね(笑)。僕は元々、レコード音楽部っていう何をやってるかよくわからない部に入学式の日から入部して、一回生の中盤から授業にも出ず、ほとんどその部室にいる生活を送ってました。北村さんがいた映画研究部、通称エイケンが同じフロアでしたよね。それで、エイケンの先輩のひとりが、僕がいたレコード音楽部の先輩と友達で、よく部室に遊びに来てて。そのフロアは僕ら以外では書道部とか邦楽部とか埃くさい部が多かったから、エイケンの人とはすぐに仲良くなりましたね、異分子同士って感じで(笑)。そうするうちに、エイケンに深く関わることになって、北村さんに出会ったんです。

▼北村 最初の俺の印象とかどうやった?俺はね、初めて前田を見たときは、ついに来たか!と思ったね(笑)。意外と、周りにサブカルど真ん中な奴は、いなかったから。ついに、現れた。文系、サブカル、オタク、ボンクラ、ついでに、メガネ、貧乏、四畳半なんかを煮詰めたような男。こいつこそ、サブカルの権化、という印象やった。しかし、あの頃から、一つ言えば、三つも四つも返してくるようなところは、変わってへんな。

■前田 「貧乏、四畳半」って‥‥僕は実家在住ですよ!北村さんは背が高くて少女マンガのキャラクターみたいな痩せ方してるから「凄いカッコいい文学青年がいるなあ」と思いましたよ。けど、いわゆる文学青年っぽい無口な感じは全くなくて、公園でみんなで酔っ払った時にデカイ声出して一番はじけた時の印象が強いですね。ちゃんとしゃべれるようになったのはその時以来ですね。本の話をした憶えは全くない(笑)。

▼北村 何故かエイケン時代って中学とか高校時代に比べて読書量が減るよな。なんでかな?

■前田 元々、音楽とか映画や本について話したり情報交換出来る唯一の場、みたいな部分が大きかったのに、触れる機会とか金銭的余裕は何故か減っていって、「みんなで何かする」ことが重要になっていきましたよね。まあ「自主映画を作る」とか「上映会を運営する」ていう目標があったから、体育会系の部活でいうところの「強くなる上手くなる」とか「全国大会優勝!」みたいなノリと近かったのかもしれませんね。だから、当然、時間も金も無くなるし、ひどい奴になると留年もするという(笑)。まあ、僕らも撮影の手伝いとか機関紙制作とか‥‥色々やってましたよね。

▼北村 なんで途中で口ごもってんねん!

■前田 いや、その‥‥なんか、その、三文演技を少々。

▼北村 まあ、一応、俺との共演作もあるしな。俺の場合は、エイケンに入ってから、役者、監督と映画制作にどっぷり、というか、授業も出ずに、遊びまわってただけやけど。酔っ払って、淀川を泳いで横断して、死にかけたり、天狗を探しにいって、六甲山を徹夜で縦走して、死にかけたり。なんか、映画と、ぜんぜん関係ないな。前田は、ボンクラ学生の役やらせたら、嵌ってたなあ。思い出す限りでは、熱血漢の後輩役、常にボールを弄んでる自閉症気味の青年役、何故かベレー帽被って気取ってる役とか演ってたよな(笑)

■前田 あーなんかアタマ痛くなってきたなあ。僕、かなり「イタい奴」ですよね(泣)。もうこれ以上詳しく言うのはやめましょう。僕らが関わった作品とか調べる奴が絶対に出てくるから!

▼北村 出てくるわけないやろ!相変わらず自意識過剰やな(苦笑)

■前田 すいません(泣)。まあ、その話はともかく、今のブログ「エエジャナイカ」につながっていくような読書生活が始まったのはいつなんですか。

▼北村 俺は、父親が図書館司書で、母親が国語教師という、読書が推奨される家庭で育って。「本を読むことは正しいことだ」みたいな。中学の入学祝がちくま文学全集やったし。でも、幼かったからか、文学にはいかずに、10代は、映画ばっかり観てたな。それで、大学でエイケンに入ったわけやけど。エイケンを引退してからは多少余裕が出来るやん。だからもう一回、音
楽聴いたり映画観たり本読んだりし始めるよな。また集団行動から個人活動になるから、一番しっくり来たのが本の世界やったのかも。だからといって関大の学生街にわずかながら残ってた古本屋に足繁く通うようになったわけではないけど。

■前田 あ、凄く解ります!ウチの大学の学生街って別に「古本の魅力」を教えてくれるような環境では全くないですよね。あの谷沢永一先生や山本善行さんを輩出した大学だというのが信じられないくらいです(笑)。大阪の老舗古書店・天牛書店の江坂店は、学生街じゃなくて住宅街にあるから、「学生街の古本屋」じゃないし。牧歌的な「学生街」的エピソードは多いですけど、いろんな本を知ったりするのに良い環境かどうかは疑問ですよね。

▼北村 確かに。俺も天牛書店行く時は、何故か車を持ってる友だちに連れてってもらってたわ(笑)。学生生活の中にあるわけじゃなくて、「古本屋に行く」という非日常やったな。今、関大前には、どんな古本屋が残ってんの?

■前田 なんか、毎週『少年ジャンプ』とか『少年マガジン』の最新号を発売日に安く売ってくれるところはありますよ。おそらく店員が読み終わったものを、「古本」として安く売ってる。

▼北村 コンビニで立ち読みすりゃ済む時代に、こんな商売が成り立つのは凄いけどね(笑)。

■前田 そこはいわゆるアニメとかネットとか大好きな正統的な「オタク」っぽい子たちのサロンみたいになってる店で、なぜか駄菓子も売ってます。その裏通りには教科書販売専門の店が一軒。

▼北村 ああ、あったなあ。教科書はあそこが一括して扱ってる感じやったっけ。けど、奥の方には歴史とか思想の本もいっぱいあったよな。

■前田 そうそう!庄野潤三の単行本を買った友達が、店の親父から二時間ほどの文学講義を受けた後、庄野潤三にもらった、ファンレターの返信を見せられたという「ちょっとイイ話」は聴いたことがあるな。あと、ブックオフが出来てから、駅前にあった地元密着型の、エロ本も扱う「正しい町の古本屋」もなくなったのはちょっと衝撃でした。個人的には「学生街の景観が壊れる!」という思いを禁じえませんでした。

▼北村 大袈裟な感想やなあ。俺も大学時代は完全に新刊本屋中心やったな。神戸に住んでたから、大学までは、片道2時間弱の電車通学で、当時は辛かったけど、今思えば、あの時間があったから、学生時代に、ある程度の本が読めて良かった。大きかったのは、今は亡き三宮ブックス。阪急電車の高架下にあって、外観は普通の町の本屋やねんけど、棚がめっちゃ濃いねん。北冬書房の漫画を買ったり、幻堂出版を知ったのもここ。本屋の棚に教えられるというか、初めて、棚を見る楽しさを知ってんなあ。まあ、そんな時に、関大前にブックオフができて、それで、古本を買うようになったと。ちょうど、藤沢周平に嵌ってた時期で、文庫4、50冊を新刊で買うのは辛いから、という俗な理由やねんけど。

■前田 それから、古本に嵌っていったと?

▼北村 うん。その後、ロバート・アルトマン、村上春樹繋がりで、レイモンド・カーヴァーを読んで、短篇小説の楽しみを知ってから、がらっと読書の趣味が変わった。以前は、小説の楽しみは、ストーリーの面白さのみやと思ってたから。それから、トルーマン・カポーティ、アーウィン・ショー、ジョン・アップダイクといったニューヨーカーの作家を読むようになって。それで、翻訳者の常盤新平に繋がると。その頃、NHKの映像の世紀「それはマンハッタンから始まった」を見て、1920年代のアメリカに興味があったから、「アメリカンジャズエイジ」とか常盤新平のエッセイが、もう、面白くて。でも、もっと読みたくても、新刊本屋じゃ、どこ探しても、品切れやねん。それで、しかたなく、ブックオフに行くと、100円なんかで、あるわけ。これが、めっちゃ嬉しいねんなあ。気がついたら、もう古本の魅力に取り付かれてた。前田の場合はブックオフ行く時、一応なにか目的あって通ってたん?

■前田 あの、それに関しては、かなり長くなるんですけど‥‥話していいですか?

▼北村 じゃあ時間もないし、やめとくわ。

■前田 そんなこと言わずに聴いてくださいよ!僕、元々、サブカル少年だったから、その流れで植草甚一や江戸川乱歩は何故か読んでましたね。あと、戦前の伝説的メンズマガジン『新青年』とか渡辺温、深沢七郎『東京のプリンスたち』のことは、完全に赤田祐一編集長時代の初期『クイックジャパン』で知りましたし。そうは言っても、心斎橋の「タイムボム」とか、梅田の「WAVE」や「ソレイユ」みたいなレコード屋さんで、輸入版の変なレコードとかCD買ったりする方が楽しかったから、いわゆる「本好き」って感じではなかったと思う。

▼北村 お前、一応レコード音楽部の部長やったしなあ。

■前田 そうそう。だから近代文学専攻で大学入った時には一応、高校で習う程度の近代文学知識はありましたけど、歴史的名作と呼ばれるような作品はほとんど読破してなかったです‥‥まあ、それは今もあんまり変わっていませんが(小声)。

▼北村 え?なに?聞こえない(笑)。それで、まだ、ブックオフは出てこないの?

■前田 すいません(泣)。それで、音楽寄りのサブカル少年に「本の世界」を紹介してくれるような本はないかなって探してた時に、出会ったのが一連の坪内祐三本なんですよ。

▼北村 どんな本が出た時?

■前田 具体的には晶文社から『古くさいぞ私は』が出たり、筑摩書房の明治文学全集の編集を手がけてた頃からですかね。でも一番好きなのはリアルタイムに出会ったものじゃなくて、『シブい本』っていう97年に出た本。その中の「エッセイストになるための文庫本一〇〇冊」っていう名篇があるんですけど、この「エッセイストになるための文庫本」っていうコンセプトが本当に面白くて。個人的に「食わず嫌い」の作家の本でも、紹介され方が絶妙で凄く読みたくなるんですよ。で、新刊書店に行くんだけど、品切れになってるものも多くて、あまり手に入らないんですよ。それでブックオフに足繁く通う破目に。はっきりいって景山民夫『極楽TV』や玉村豊男『雑文王 玉村飯店』、永倉万治『星座はめぐる』とかは、こういう出会いじゃないと絶対に手に取らなかった本だったし、都築道夫『昨日のツヅキです』や山田宏一『シネ・ブラボー』を100円で見つけた時のうれしさは今でも忘れられません!

▼北村 ブックオフに辿り着くまで、エライ長い前置きやったな!その当時って(大学)何回生?

■前田 えーと、一回生とか二回生くらいですかね。まだ、部活生活真っ只中ですよ。

▼北村 そうやんなあ。で、どういうきっかけで古本屋に行き出すん?

■前田 「エッセイストになるための文庫本一〇〇冊」で知ってブックオフで100円で買って、ていうの続けてるうちに、いろんな作家の本も読むようになったわけですよね。そしたら、更にその作家が文章の中で、褒めてる作家の本を買ってみたくなって、古本屋とか古書市に通いだすわけです。例えば、「エッセイストになるための文庫本一〇〇冊」で知って好きになった作家の一人に橋本治がいるんですけど、彼がエッセイで山田風太郎『幻燈辻馬車』を絶賛していて、その影響で山田風太郎の本を集め出す、みたいな。

▼北村 なるほど。やっぱり、古本を知ると、色んな作家を知るようになるよな。しかも、知識としてではなく、純粋に読書の対象として。他には?

■前田 さっきから僕ばっかりしゃべってないですか?あとは『sumus』の「関西モダニズム」号にも凄く影響を受けた。『sumus』は京都にある関西サブカル本屋の総本山・恵文社一乗寺店で買いました。海野弘の大阪モダン建築探訪記『モダンシティ再び』は高校時代の愛読書だったから、もう「最高の雑誌だ!」と。そして坪内祐三と『sumus』をつなぐ線が林哲夫さんの『古本デッサン帖』や『古本スケッチ帖』で、それで現在に至る全てがつながる、と。

▼北村 なんかキレイにまとまったね。俺にとっても当然『sumus』はすごく大きい存在。坪内祐三『文学を探せ』で知って、初めて買ったのは、神戸の海文堂やった。あと、やっぱり『sumus』と言えば、「スムース文庫」の荻原魚雷『借家と古本』やなあ。この本こそ、ぼくらのバイブル!迷ったとき、弱ったとき、ヘコタれたときにこそ読んでほしい。

■前田 僕も何度読み返したことかわからないです。はっきりいって今の時代の「正しい男子の生き方」のヒントがいっぱい詰まってると確信してます!きっと、いわゆる「本好き」以外の若者にも凄く訴えるものがあると思います。この対談連載も「sumus」や『借家と古本』以降の本バカ生活を模索するようなものを目指したいですよね!

▼北村 かなりデカい風呂敷を広げたな。しかし先人は偉大やぞ。

■前田 いや、それでも岡崎武志さんの言うように「わたしはわたしの風邪を引く」、いや引こうとするのが本バカの心意気ってもんでしょ!というわけで次号から夜露死苦!!

メルマガ購読はこちらから http://www.mag2.com/m/0000106202.html
※感想はコメント欄へ。ただし返答はしておりません。ご了承ください。

-------------------------------------
プロフィール
前田和彦(まえだ・かずひこ)
1981年大阪生まれ。『BOOKISH』編集委員を経て求職中。
小さくてすぐ興奮する様から犬の「狆(ちん)」を連想させるために
「大阪の狆」の異名を持つ(南陀楼綾繁氏命名)。
狆についてはこちら。http://www.dogfan.jp/zukan/japanese/chin/

北村知之(きたむら・ともゆき)
1980年神戸生まれ、神戸在住、絶賛求職中の25歳、ダラダラとアルバイト
しながら本を読む日々、ハローワークと古本屋通いが日課。好きな作家は
山口瞳、野呂邦暢、藤沢周平。
ブログ日記「エエジャナイカ」http://d.hatena.ne.jp/akaheru/
[PR]
# by sedoro | 2006-01-22 17:55 | チンキタ本バカ道中記